薬剤師退職に関する情報サイト

退職を考えている薬剤師さんへ

こちらでは薬剤師の退職に関することを詳しくご紹介しています!状況別に応じた退職方法などもご紹介していますので、薬剤師の方で転職に伴う退職をお考えの方はぜひご参考にしてください。

当サイトでは退職する際に便利な薬剤師専門の転職エージェントをご紹介しています。エージェントでは転職活動に関する様々なサポートをしてくれます。もちろん、退職に関しても手続き方法や円満に退職するための方法などを教えてくれます。転職エージェントは無料で利用できます。

薬剤師の退職サポートもあります!人気エージェント!

対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社リクルートメディカルキャリア
オススメポイント
  • 人材紹介サービス業界の最大手、リクルートグループの運営で、安心のサポートを提供!
  • 勤務先見学のセッティングや面接日程調整。信頼できる代行サービスの数々も人気です!
  • 「未経験者歓迎」や「年間休日120日以上」、働き方によって選べる求人情報が豊富です。
  • 年間200万人以上が利用。求人案件35000件のうちの3/4が、好条件の非公開求人です!
  • 新着求人情報が毎日30件以上。専任のキャリアコンサルタントが最適な求人をご紹介。
リクナビ薬剤師の詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 エムスリーキャリア株式会社
オススメポイント
  • 東証一部上場のエムスリーグループ。年間7200人以上の薬剤師が登録しています!
  • 顧客満足度はなんと93%以上。8000件以上という業界最大級の非公開情報から選べます。
  • 調剤薬局や病院、OTC、企業などさまざまな業界からの質の高い求人情報を網羅しています。
  • メールだけでなく電話でも求人情報をご紹介。最短3日で転職することもできます!
  • 大手の企業だけでなく、地域に根ざした調剤薬局もカバー。30000件以上の豊富な求人情報が魅力です!
エムスリーキャリアの詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社マイナビ
オススメポイント
  • 40年以上にわたって人材関連ビジネスを展開するマイナビグループ。個人情報も徹底管理で安心です!
  • 登録はたったの1分で完了。電話やメールでの求人紹介など、すべてのサービスが無料です!
  • 紹介先の人事担当者や現場スタッフに実際にヒアリングを行った新鮮な情報が満載!
  • ニーズに合わせた紹介システム。「高収入」や「転勤なし」、「土日休み」など多彩な切り口で探せます。
  • 掲載されていない求人情報も多数。専任のキャリアコンサルタントにすべてお任せ!
マイナビ薬剤師の詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 ジェイネクスト株式会社
オススメポイント
  • きめ細かなマッチングサービスが充実。専門スタッフの経験を生かしてぴったりの求人を紹介します!
  • 経験者の転職活動だけでなく、薬剤生や薬剤師資格取得予定者など、初めての就職もサポート!
  • 製薬企業や大規模病院など、業種による選考スケジュール情報にも精通しています!
  • 治験業界やMRなど、人気の高い限定案件が充実。専門の転職コンサルティングも提供しています。
  • 転職後のサポートなど充実したフォロー体制で、サービス利用車の離職率が1%以下!
ヤクステの詳細はコチラ
対応エリア 全国
料金 無料
会社名 株式会社メディカルリソース
オススメポイント
  • 調剤業界でトップクラス、日本調剤グループによる薬剤師専門の転職サポート会社。
  • 教育制度やフォロー体制完備。ご希望のライフスタイルの実現とキャリアアップ支援を行います。
  • 紹介先には事前に徹底的な調査を実施。「こんなはずでは…」といった心配もありません!
  • 業界トップクラスのメリットを活用したオリジナルの保険調剤テキストを無料進呈。
  • 全国15拠点を展開しているので、薬剤師の資格を生かして全国での活躍が可能です!
ファルマスタッフの詳細はコチラ

薬剤師の退職について

薬剤師として現在働いている人の中にも、仕事に対する経済的・心理的な思惑や、私生活の事情などを抱えていることによって、退職を検討している人がいます。そして、いざ退職した後の進路もさまざまです。結婚する人、配偶者の転勤に伴って引っ越しをする、あるいは別の薬局や企業に転職をする人もいるでしょう。いずれの場合でも、退職をすることでその人が新たな人生のステップに踏み出せるということが大切です。

これまで勤めていた会社を退職するということは、人生における一つの重要な決断です。仕事はまさに人生の一部ですので、退職はライフスタイルの大きな変化を意味します。もし家族がいる人であれば、それは配偶者やお子さんなどを含め、全員にとって精神的に少なからぬ影響を及ぼしますし、たとえ独身であっても、退職する本人における精神的な変化は小さなものではありません。もちろん、独り身であっても退職後に暮らしていけるだけの蓄えがあるかどうかで、生活の質が大きく変化してしまいます。

また、退職は精神的な影響だけにとどまらず、経済的な影響には著しいものがあります。つまり、退職することは収入源が絶たれるということです。独身で蓄えがある程度あるのであれば、しばらく収入がないことを想定して計画を立てることができるかもしれませんが、家庭がある場合はそう簡単にはいかないでしょう。家族のいる人が退職をする場合は、辞めたあとの家族の生活の基盤をあらかじめ確保したうえで行う必要が出てきます。

薬剤師の場合の退職も、基本的にはこれと変わりません。ただし、薬剤師には、薬系大学に入学して6年制の薬剤師養成過程に入学するか、4年制の薬学過程に入学したあとに薬剤師受験資格が得られる大学院に進学するか、いずれにしても限られたルートを通ることでなることができます。つまり、薬剤師になった人というのは、それだけ努力をしてきたことにもなりますね。厳しい競争を勝ち抜いて薬剤師になったからこそ、退職に際しての決断には重たいものがあるのでしょう。

このサイトでは、そういう人生の大切な転機である退職にあたって、薬剤師の方が知っておいた方がいいこと、行った方がいいことなど、本人だけでなく周りの人も納得して退職をサポートしてくれるようになるような、そんなノウハウやコツをご紹介します。当たり前に思われることもあるかもしれませんが、意外と忘れられていることもあると思いますので、ここであらためて確認するつもりで読んでみてください。